インフォメーション

2016-03-23 08:41:00

ヤンマー新型トラクターの情報が発表されました。

今までは50馬力以上の大型のみだったYTシリーズに小型の22馬力からの YT2シリーズが登場。

発売開始は2016年4月を予定しています。

※画像はキャビン仕様ですがもちろんロプス仕様もあります。

 

 

ステアリングやメーター周りがスポーティーな感じでグッドです。

これならランボルギーニに対抗できそうな予感(^^)¥

ステアリング中心のフライングYを押すとクラクションが鳴ります。

IMG_0377.JPG

発売前の今、ハンドル周りを見ることが出来るのはレアです。(^^)b

 

 

同時にリリースされるYT3シリーズもレポートしますので比較しながらアップします。

 

YT2シリーズ YT3シリーズ

ダッシュパネル

ステアリングスポークに隠れてしまってますがウインカーレバーは2と3シリーズ両方とも同じ所に配置されています。

2シリーズはハンドル右にワンタッチ昇降レバーが付いています。

image.jpeg image.jpeg
作業機上下レバー周り

image.jpeg

耕深調節はダイヤルからレバーに戻りました

image.jpeg

高級車のシフトノブを彷彿させるデザイン

キャビン部外観

image.jpeg

無骨な感じですが

空間は充分に確保されております

作業灯はハロゲン

image.jpeg

洗練されたデザインと充分な居室空間で

スマートに疲れにくい作業ができますね

作業灯はLED

キャビン内

image.jpeg

ビルトインされたカーステスペース(1DIN)

※デッキはオプション

image.jpeg

エアコン操作部

(オペレーター右上)

image.jpeg

ビルトインされた

フリップダウン式サンバイザー

image.jpeg

エアコン操作部

(オペレーター右上)

 

 さらにYT3シリーズでは「エコトラリンク」が装備されています。

エコトラリンクとは・・・

通常はワンタッチボタン(レバー)でロータリーの上下(チョイサゲ/アゲ含)を操作しますが

そのボタン(レバー)でアタッチメントを操作するという装備です。

※エコトラリンクに対応したアタッチメントが条件となります。

image.jpeg

キャビン仕様は標準でカラー液晶モニタが装備されています。

 

 

image.jpeg

残念ながらタッチパネルではありません。m(_  _)m 

左上のダイヤルで選択し、ダイヤル押下で実行されます。

 

 

image.jpeg

DPFボタン。

YT228以上のクラスとYT3シリーズには全機種装備されています。

100時間毎に点灯しクリーニングの実行を促します。

※作業中でも清掃可能です。

フィルターは6000時間毎の交換を推奨しておりますので

トラクターの平均使用時間を考慮すると実質メンテナンスフリーと考えてもいいと思われます。

御挨拶

Information